前へ
次へ

弁護士として法律家としてうまくいくには

正義の味方といえば、弁護士を思い浮かべる人が多いかもしれません。確かに法律を扱う身近な人の1人が弁護士といえます。ただ弁護士は非常に競争倍率が激しく、実際に弁護士になった後でもなかなか生き残っていくのは難しいです。独立して事務所を持つ夢を持っている人も多いかもしれませんが、独立した弁護士の多くは、年収150万円程度しかないと言う信じられない数字が出てきています。これは、法律家になって安泰と考えている人が多く、営業行為を全く知らないからです。そこで、法律家になるためにそして法律家になった後ある程度お金を稼ぐためには、営業行為が必要になります。つまり司法研修所などで一切行わない勉強をしなければなりません。この点がしっかりできたかどうかで、将来的に安泰かどうかが決まってくるでしょう。つまり弁護士も、営業マンのようなスタイルを取る必要はないかもしれませんが、営業マンと同じような考え方を持ち顧客を大事にすることが重要になります。

Page Top