前へ
次へ

時効を過ぎている不法行為での法律的対応

不法行為があれば損害賠償などの請求ができます。ではそれが何年も前の不法行為でもできるのかですが、法律は時効が設定されていてそれを過ぎると法的根拠を失ってしまいます。つまりはいくら裁判で争ったとしても損害賠償は認められません。既に不法行為があったことを知っていてまだ時効になっていないならできるだけ時効前に何らかの行動をとる必要があります。しかし不法行為があったことを知るのが遅く既に時効を過ぎてしまっているときがあります。時効が過ぎている不法行為に対して損害賠償をしたいのであれば法律の専門家に相談しましょう。時効は年数で決められていて事象によって異なります。このとき年数も大事ですがいつから始まっているのかも大事になります。通常は不法行為があってからになるのでしょうが、不法行為を受けた側がそれを知らなかったときは知った時から始まることもあります。不法行為を受けたのがかなり前であっても受けたことを知ったのが最近なら損害賠償請求できるかもしれません。

Page Top